知っておきたい 地盤改良にひそむキケン

  • 六価クロムのキケン
  • 資産価値を下げるキケン
  • 品質を落とすキケン

六価クロムのキケン

六価クロム 発ガン性物質 セメントを土と混ぜると、化学反応をおこし「六価クロム」という有害物質が発生するキケンがあります。「六価クロム」とは、昨今、世間を大きく騒がせた「アスベスト」と並ぶ、二大発ガン物質の1つで、LARC(国際がん研究機関)からもリストアップされています。

映画にもなった『六価クロム問題』

Erin Brockovich 「エリン・ブロコビッチ」という映画をご覧になったことはありますでしょうか?2000年にジュリア・ロバーツの主演で公開された映画です。
これは実際にあった事件をもとに映画化されたのですが、六価クロムがテーマとなっています。「六価クロム」による水質汚染の事実を隠蔽しようとしている企みに挑み、全米史上最高額の和解金3億3千3百万ドルを勝ち取った女性をモデルにした有名な映画です。 映画の中で、汚染水をはったプールで子供を遊ばせていた母親が真実を知り、血相をかえて子供を引き上げたワンシーンは衝撃的でした。

恐怖!自宅で六価クロムが発生する可能性が

お家の庭では安心して土いじりしたいですよね? マイホームでは、庭で子供が遊んだり、家庭菜園を行ったりと様々な生活がありますが、セメント系の地盤改良を行った場合、この六価クロムが発生するリスクがあります。 夢のマイホームで健康を害する可能性が少しでもあるのは嫌なものです。セメント系の地盤改良工事を行う場合は、ご担当の住宅会社の方に十分にご相談のうえ、ご検討されることをお薦めします。
(※セメント系の地盤改良を行った場合、必ず六価クロムが発生するということではありません。六価クロムの発生メカニズムは完全には解明されていないことが問題となっています。)

資産価値を下げるキケン

地盤改良で土地の価値が勝手に下落!?

もの悲しい光景・・・ 廃業したまま放置されたガソリンスタンド。そんな風景を地方のロードサイドで目にすることはありませんか? ガソリンスタンドの跡地というのは、地下タンクによる土壌汚染があることが多く、その汚染除去の費用が高額になるため、土地を買ってもなかなか割に合わないことが多いからなのです。

建物だけでなく土地の評価額も大切 2003年に明文化された土地評価に関する方針があります。
土地の鑑定時に「土壌汚染」や「埋設物」の有無をチェックし、もし発見された場合、その土壌汚染の浄化費用や埋設物の撤去費用を差し引いて不動産の価値が算定されるというものです。
セメントの塊や鋼管は産業廃棄物とみなされてしまうので、セメント系や鋼管で地盤改良を行った場合は、その不動産価値を下げてしまっていることになります。
「これからマイホームを建てよう!」と検討しているときに、将来、不動産を売るときのことを考えるのは水を差すような話ではありますが、マイホームを建てる土地は大切な財産です。価値を下げずに済むのであれば、その方法は十分に考えたいものです。

品質を落とすキケン

地盤改良でも地盤事故!?

地盤補強・改良をしても、地盤事故が発生してしまうケースが数多くあります。
事前調査による想定設計により支持地盤まで到達せず施工がされていたり、セメント系固化材と腐植土との相性でセメントが固まらなかったり、地下水脈によるセメントの流出が起こっています。
実際、地盤事故はどのくらい発生しているのかというと、火災事故が1000件に4~5件程度発生するのに対し、地盤事故は1000件に10件以上も発生しています。事故が起こった場合の損害額は財団法人住宅補償機構の統計によると、平均して1事故あたり約566万円の補修費用が発生します。
住宅品質確保促進法が施行されてから、地盤事故に対する補償制度が確立され、その実態が明らかになっています。したがって、今後地盤事故の発生確率は、既存の工法の問題からますます増えることが予想されています。

Case1

Case1 支持地盤の起伏を考慮しないで、事前調査による想定設計に基づき施工がなされている。

Case2

Case2 セメント系固化材と腐食土との相性の問題による固化不良が生じることがある。

Case3

Case3 施工後に性能検査試験が実施されていない。
家を建てた後に建物に関しての性能検査はほとんどの会社様がされていると思われますが、その建物を支える地盤に関しての性能検査は一般の住宅地盤改良では行われていないのが現状です。一方、公共工事では地盤改良後、性能検査 が義務付けられております。品質不良問題が騒がれる中、住宅地盤改良後に、性能検査が行われていないことは、事故率の増加に拍車を掛ける可能性があると示唆されています。

苦情件数第1位は雨漏り、2位外壁、内壁の亀裂、3位建物の傾斜、4位ドアや窓が閉まりにくい、5位結露・カビとなっています。そのうち2位から4位までは不同沈下(地盤事故)によるものと考えられます。その件数は787件のうち435件。なんと全体の約55%にものぼります。

ページトップへ
家づくりの前に!地盤改良のキソ知識 知っておきたい地盤改良にひそむキケン 健康と財産を守るエコ地盤改良工法とは
メディア掲載情報 リフォームのTV番組 大改造!!劇的ビフォーアフター(2011年7月放送)で紹介!!HySPEED工法!

施工可能地域 大阪府・奈良県をはじめ京都府・和歌山県・兵庫県と関西全域おまかせください!

大阪府・奈良県をはじめ
京都府・和歌山県・兵庫県と
関西全域をおまかせください!