地盤改良のキソ知識

  • なぜ地盤改良が必要なの?
  • 液状化のメカニズムと被害
  • 地盤改良はどう進むの?

なぜ地盤改良が必要なの?

楽しい家づくりの前に、地面の下の地盤は大丈夫ですか? 夢のマイホーム。「どんなプランにしようか」、「外観のデザインはどうしよう」、「構造は?仕様は?」などなど考えることはたくさんあるかと思います。
しかし、そのマイホームを建てる「地盤」の大切さについては意外と知られていません。 いくら頑丈な建物を建てても、その建物を支える地盤が弱かっりとすると非常にキケンが伴います。
地盤改良工事が必要な軟弱地盤の宅地
ひょっとすると、あなたが建てようとしているマイホームのための土地にも、思わぬキケンがひそんでいるかもしれません!
地盤に関する正しい知識を身につけて、安心できる家づくりにお役立て下さい。

不同沈下とは?

不同沈下とは? 建物の外壁や基礎部分をひび割れをご覧になったことはありますか?または、床にビー玉を置くと、止まらずに転がる様子をご覧になったことはありますか?
 
 
これらはまさに不同沈下が原因となって起こる現象です。不同沈下とは建物がふぞろいに沈むことを言います。家全体が均等に沈下するのではなく、一方向に斜めに傾くような状態のことです。
不同沈下が起きると建物自体の資産価値を著しく低下させます。ドアや窓の開閉が不自由になったり、床が傾いたりします。
地盤強度にばらつきのある敷地や、軟弱地盤に何の対策も施さないで家を建ててしまうと不同沈下が起きてしまうリスクがあるわけです。

液状化とは?

液状化は、地下水位の高い緩い砂地盤で発生します。緩い砂の間に水がある状態から、地震の揺れで、砂の粒子が下層で密になり、上層では液体状になり、家が傾き始めるのです。地表では噴砂などが起こることもあります。
東日本大震災以後、国も宅地液状化対策の取り組みをスタートさせました。 住宅性能表示に液状化対応の有無が加わる方針が発表されるなど、家を建てるにあたって無視することの出来ない問題となっています。
液状化とは?
最後に。こうした事故が起きないように、住宅会社は住宅を建てる前に必ず地盤調査を行います。
地盤に関しては、建てた後ではなかなか確認することができないので、事前にしっかりと相談をして、対策を考えてください。

液状化のメカニズムと被害

液状化とは?

液状化は、地下水位の高い緩い砂地盤で発生します。緩い砂の間に水がある状態から、地震の揺れで、砂の粒子が下層で密になり、上層では液体状になり、家が傾き始めるのです。地表では噴砂が起こることもあります。
東日本大震災以後、国も宅地液状化対策の取り組みをスタートさせました。住宅性能表示に液状化対応の有無が加わる方針が発表されるなど、家を建てるにあたって無視することの出来ない問題となっています。 液状化とは?

液状化とは? 液状化とは、地震によって地盤が一時的に液体のようになってしまう現象です。通常、地盤は土や砂・水・空気などが均等に混ざって構成されています。しかし、地震等の大きな揺れによって、これら安定していた土・砂・水が分離され、地盤が水に浮いたような状態になってしまうのです。そうして水が噴き出したり上部の建物などが沈み込んだり、揚圧力を受けて破壊されたりします。
液状化現象が起こりやすい地盤は、海岸や川の近く、および埋立地などの比較的地盤がゆるく、地下水位が高く、砂質土がゆるいところになります。液状化を完全に防ぐことは難しいですが、地盤改良の種類によっては、対策を打つことが可能です。

地盤改良はどう進むの?

安全な家づくりのためには、まず、その足もと(地盤)をしっかりチェックすることが大切です。地盤調査から改良までの一連の流れを確認しましょう。

Step1 地盤調査・解析

Step1 地盤調査・解析
まずは、その地盤の状況を把握するための調査を行います。
戸建住宅の地盤調査でもっとも一般的なのは、スウェーデン式サウンディング調査です。これは100kgのおもりを載せてらせん状の先端部を地中にねじ込み、その地盤の固さを測定するものです。
その地盤調査の結果から、現地の地盤・土質・地耐力などのデータから地盤改良工事の必要性を判断します。

Step2 地盤改良工事

調査の結果、この地盤はNG!という結果が出てしまった場合は、補強・改良工事を行うことになります。
後述しますが、どの工法で地盤改良工事を行うかという選択も非常に重要です。
tep2 地盤改良工事

  • 軟弱地盤が2メートル以下の場合、表面の土にセメント(凝固剤)を混ぜて固める。

    軟弱地盤が2メートル以下の場合、表面の土にセメント(凝固剤)を混ぜて固める。

  • 軟弱地盤が2メートル以上5メートル以下程度の場合

    軟弱地盤が2メートル以上5メートル以下程度の場合、土の中に穴を掘って柱状に凝固剤(セメントミルク=土とセメントの混合)を埋めてコンクリート状の柱を造る。

  • 6メートル以上にわたって軟弱地盤が続いている場合

    6メートル以上にわたって軟弱地盤が続いている場合、鋼製の杭を打ち込む。

Step3 保証

Step3 保証 地盤保証会社の基準に基づいて、地盤調査及び地盤改良工事を経て、現場検査に合格すると、保証が得られます。保証は10年間、5000万円まで(注:期間や金額は、保証会社や契約等により異なります)。
万一の時の事故の備えとなります。

ページトップへ
家づくりの前に!地盤改良のキソ知識 知っておきたい地盤改良にひそむキケン 健康と財産を守るエコ地盤改良工法とは
メディア掲載情報 リフォームのTV番組 大改造!!劇的ビフォーアフター(2011年7月放送)で紹介!!HySPEED工法!

施工可能地域 大阪府・奈良県をはじめ京都府・和歌山県・兵庫県と関西全域おまかせください!

大阪府・奈良県をはじめ
京都府・和歌山県・兵庫県と
関西全域をおまかせください!